デラ・マタドーラの株式投資日記

サラリーマン相場師。酒田新値を用いたスイングトレードをしてます。内容は売買実績、筋トレ関係、etc

投資本レビュー「あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録」(著:立花 義正)

こんにちは。デラ・マタドーラです。
今回は投資本のレビューです。
今まで読んできた本を、今後少しずつレビューという形で紹介していきたいと思います。

第1回目は「 あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録 」(著:立花 義正)です!

◆目次

書籍情報

タイトル あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録
著者 立花 義正
出版 同友館 (1987/4/1)
オススメ度 ★★★★★
概要 プロ相場師である立花さんが、株を初めてから何度も大失敗しながらも売買技術をみにつけていく過程をつづったエッセイ。初心者が相場と正しく向き合うためにオススメですし、売買技術を身に着けたい人にもよい本です。

レビュー

この本は個人的に思い入れの強い本で、3周くらいは読んでます。
1987年出版と古い本ですが、今の売買でも通用する相場の基本が書かれた本だと思います。
エッセイ形式の内容なので、読みやすいのも良いですね。

特に初心者や利益がなかなか出せてない人にオススメします。

ここからは、いくつかこの本のみどころを紹介します。

見どころ① 著者の失敗と成功から学べる

著者の立花さんは、勤務していた会社の自社株を買ったことから株の世界に入っていくのですが、最初は色々な失敗をしています。
大暴落で損切りできずに一文無しになったり、弟子入りした罫線の先生が実はみせかけだけの人で騙されたり・・・

それが、あるおじいさんからのアドバイスをきっかけに売買技術に目を向けるようになります。
そこからは、銘柄を固定して分割売買を行い、試し玉、増し玉、ツナギなどの技法を身につけ相場師として成長していきます。

売買技術をみにつけた後も失敗して大損しているのですが、そこからも資金管理についての学びがあり、失敗からも成功からも学びのある本です。

見どころ② 1年通しの売買記録

立花さんは自身のことを「パイオニ屋」と呼んでおり、パイオニア1銘柄のみの売買を15年以上続けていた人なのですが、この本の最後のほうにパイオニアの約1年分の値動きとそれに対する売買記録が解説つきで載っています。

それまでの本の内容で分割売買のやり方が詳しく説明されていますが、さらにこの売買記録を読むことで、実際の値動きに対してどう出発し、玉を増やし、手仕舞いや損切りするのかということが学べます。

ここまで詳細に売買記録が紹介されている本ってあまりないと思うので、かなり貴重だと思います。

まとめ

ということで、今回は「あなたも株のプロになれる」のレビューを書いてみました。
が、個人的に悪いと思っている箇所がないのでただの紹介になってしまいましたね(笑)
手探りで売買している人はぜひこの本を読んで、売買の基本を習得してください!